以前書いた記事でカナガンキャットフードの成分と原材料について解説したけど、この記事ではより深く原材料について解説していこうと思います。

今回詳しく解説するのはヒューマングレード

キャットフードのある程度詳しい方ならたぶん知っていると思いますが、知らなかった方は今日この記事を読んですぐに現在愛用しているキャットフードを変えることになるかもしれませんよ。

ヒューマングレードについて

まず全くヒューマングレードを知らないという方のために説明すると、ヒューマングレードというのは動物だけではなく、私たちのようなヒトが食べても問題のない品質ということです。

つまりヒューマングレードと記載されているキャットフードは、ヒトが食べる事のできる品質の原材料を使用して作られている安心のフードですよって事ですね。

私はヒューマングレードについて知るまでは、全てのキャットフードが当たり前にヒトが食べることのできる品質の原材料を使って作られていると思っていたのですが、ペットの食品に関する法律は私たち人間ほどはしっかりとしていないため粗悪な原材料が平気で使われているのが現状のようです。

実際にどういったものが使用されているのかというと、私たちが食べる事のできなくなった廃棄されるような物や、既に死んでしまった動物の肉、病気にかかっている動物の肉や障害をかかえている動物の肉、死にかけている動物の肉等が原材料として使用されている事があります。

もちろんヒューマングレードではない全てのキャットフードがこれらを使用しているという事ではなですが、原材料に何が使われているのかわかりにくい物は注意するに越したことはありませんね。

注意しろと言われても原材料に病気の動物の肉とか、廃棄された肉とはもちろん書かれていないので、具体的にどんなものに注意するのかと言いますと。

  • 副産物
  • ミール

といった記載されている物です。

キャットフードの原材料で見たことありませんか?

家禽ミールとかチキンミールとか肉副産物といった表記。

このような記載がされている場合使用されている物の詳細がわかりませんよね?

ヒューマングレードではないキャットフードで原材料にこのような表記があった場合は先ほど説明したような原材料が使用されている可能性があります。

しかしヒューマングレードなら病気になりにくいとか、ヒューマングレードの方が健康的で長生きできると解明されているわけではないので、あくまでここは飼い主さんがどう判断するのかという所が大きいと思います。

それでも、昔と比べるとヒューマングレードのキャットフードの数が増えてきているので、飼い猫に食べさせるフードの原材料にこだわり、健康志向の強い飼い主が増えてきているのかもしれません。

カナガンキャットフードはヒューマングレード

カナガンキャットフードに使用されている原材料はもちろんヒューマングレードのものを使用しています。

カナガンキャットフードは原材料の安全性にものすごく配慮して作られているフードで、生産を行っている工場は欧州ペットフード工業連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアした安心と信頼の実績ある施設なんです。

ペットフード工業連合の基準をクリアした工場で生産してるなら品質にも安心できますよね。

ヒューマングレードの原材料を使用しているからと言って、生産時の品質管理に手を抜いているといったことはもちろんありません。

むしろ他のキャットフードよりも厳しいんじゃないの!?というくらいしっかりと安全管理をおこなっているんですよ!

カナガンキャットフードを生産している工場のラインは常に全体をモニターで監視していて、何か異常があればその場ですぐに検知されます。

カナガン開発者のエディー氏もちょくちょく工場にきて、製造現場のチェックやスタッフとの打ち合わせをしているようです。

そして生産過程では2回の品質テストを行って厳しくチェックしています。

普通に考えたら品質の良い原材料を使用している分こういったところは手を抜きそうですが、そんなことは一切ないんですね!

まずは製造前にメーカーから届いた原材料の品質を一つ一つの原材料について、製造の度に様々な角度から検査を行います。

そして製造後には完成したカナガンキャットフードを粉々に砕いて、専用の特別な機械でスキャンしてスペクトラム分析というのを行っているそうです。

そしてシステムにあらかじめ登録されているデータと照らし合わせることで、もし成分に異常があればすぐに検知されるそうです。

ヒトが食べることのできる品質のヒューマングレードな原材料を使用しているのに、おごらずここまで品質管理を徹底しているのには感服しますね。

私はもうずいぶん前からカナガンキャットフードを愛用していますが、この記事をよんで興味を少しでも持った方は是非カナガンキャットフードを試してみて下さい。