今回の記事でもカナガンキャットフードの原材料について記載していこうと思います。

前回は原材料の品質がヒューマングレードという事を解説しましたね。

みなさんしっかり読んでくれたでしょうか?

前回の記事はこちら。

ヒューマングレードに引き続き今回はグレインフリーです。

グレインフリーとは何か?

ヒューマングレードを知っている方ならもうご存知だとは思いますが、グレインフリーとは原材料に穀物類を使用していないということです。

穀物は英語でgrain(グレイン)といいそれがフリー、つまり使用されていないという事ですね。

穀物類って言われてもどんな原材料が穀物類かわからないよ!

という方もいるかもしれませんので簡単に説明すると。

ペットフードに使用される穀物類は主にイネ科穀物の事をいいます。

聞き馴染みのある名前で説明するとお米とか大麦とか小麦、それからトウモロコシ等が該当しますね。

穀物類が何かが分かった所でなぜグレインフリーが猫にとって良いのかを解説しますね。

そもそも猫という動物は私たちのようなヒトとは身体の造りが違うんです。

「そりゃ人間にはしっぽもないし2足歩行何だから当たり前だろ!」という声が聞こえてきそうですがそういう事ではありません(笑)

私たちヒトや犬は雑食の動物なのですが、猫というのは肉食の動物なんです。

なのでヒトや犬は穀物類に豊富に含まれている炭水化物を消化することは得意ですが、猫のような肉食の動物は炭水化物を消化するのが苦手です。

「苦手でも炭水化物はエネルギーになるし食べた方が良いんじゃないの?」という声も聞こえてきそうですが、確かに炭水化物はエネルギー源でありある程度は摂取した方が良いというのは間違いではありません。

しかし猫にとって消化が苦手な穀物を食べるという事は

  • 軟便や下痢
  • 肥満や糖尿病
  • アレルギーを引き起こす

これらのリスクが高くなると考えられているので、なるべくなら穀物類は避けるに越したことはないんですね。

しかしアレルギー等を起こしやすいと考えられているにも関わらずペットショップでキャットフードの原材料を調べてみると、トウモロコシや大麦、小麦やお米等の穀物類が平気で使用されているフードがたくさんあります。

これらの穀物類は原材料の価格が安いので、キャットフードの販売価格を安くするために使用されているのだと思います。

ヒューマングレードの記事でも紹介した4Dミートやヒトが食べることのできなくなった廃棄する物などもそうですが、販売コストを下げるなら原材料の価格を安く抑えるのが一番ですからね。

カナガンキャットフードはグレインフリー

グレインフリーについてはみなさん理解できたでしょうか。

難しくてよくわからなかったという方は「猫は穀物類の消化が苦手でアレルギーを起こしやすいから使わない方が良い。」くらいざっくりと覚えるだけでも大丈夫です。

さてここまで詳しくグレインフリーについて解説してきましたが私がオススメしているカナガンキャットフードももちろんグレインフリーのキャットフードです。

カナガンキャットフードでもやはり穀物類は猫にとって消化しづらく、消化の際に身体に負担がかかると考え完全に穀物不使用のレシピを採用しているみたいですね。

カナガンキャットフードのグレインフリーの徹底ぶりはものすごいものがあります。

というのもカナガンの開発者であるエディー氏が、本当に高品質なペットフードを作りたいとの思いから会社を設立し、長年の調査と研究を経てようやくカナガンキャットフードを作ったんです。

そしてグレインフリーが本当に最適な食生活なのか?ということを確かめるために、開発者のエディー氏本人がずっとグレインフリーの食生活を送っているんです!

グレインフリーの生活を続けているエディー氏は理想のコンディションを維持して、いつも以上に元気で健康に過ごせているようですよ!

自分の開発したものに責任を持つというのは当たり前と言えば当たり前ですが、ここまで徹底しているのは同じ男としてもかっこいいと思ってしまいますね。

カナガンキャットフードはグレインフリーだからと言って炭水化物が全く入っていないという訳ではありません。

炭水化物は穀物類に多く含まれているので、グレインフリーだとどうしても炭水化物を補うのが大変なのですが、カナガンキャットフードではサツマイモを使用することでその問題を解決しています。

みなさんのご存知の通りサツマイモには炭水化物が含まれていますよね。

そしてこのサツマイモの素晴らしい所は、食べた後に時間をかけて吸収されるので猫の身体に負担をかけません。

さらに吸収時と同じようにエネルギーの消費がゆっくりなので、より長時間空腹を感じることなく過ごすことができ、よく動き回る活発な猫にもぴったりの食材なんですよ!

ただサツマイモは穀物類のトウモロコシや小麦と比べると高価なので、こんなに素晴らしい原材料にも関わらずキャットフードであまり使用されていないんですね。

このようにカナガンキャットフードは原材料の品質から、どんな物を使用するのかまでしっかりと考えて作られている事が分かったと思います。

まだカナガンキャットフードを試したことがない方は是非購入してみて下さいね。