今まで原材料や成分、子猫への与え方や給与量について詳しく記載してきましたが、そもそもなぜ私がカナガンキャットフードを選んだのか?

という事に関して今まで記載してこなかったので、そのことを少し掘り下げて書いていこうと思います。

といっても今までカナガンキャットフードの良い所について詳しく記載してきたので、そのおさらいのような感じになってしまうかもしれませんが、よかったら見ていってください。

カナガンキャットフードを選んだ理由

なんといってもまず一番の理由は安全のキャットフードだと感じたからですね!

私は今まで色々なフードを与えてきましたが、どのフードに関してもここは良いんだけどここがちょっと気になるな。

かといってこっちを選ぶとここがなー。

といった感じで全てにおいて良いと思えるフードはなかったんですね。

しかしカナガンキャットフードは穀物類不使用のグレインフリーで、原材料はヒューマングレードの物を使用して、なんと香料や着色料などの添加物も使用していません。

 

ヒューマングレード、グレインフリー、人工添加物不使用。

これが揃っているキャットフードは中々見つからないんじゃないでしょうか?

自分が食べるものではないとはいえ、やはり原材料にはかなり気を使います。

ペットフードの原材料には低品質なものが使用されている事もよくある話なので、やはり私はヒューマングレードの物を選びたいし、香料や着色料などの人工添加物は身体にいい訳がないので原材料に入っている物は避けますね。

そして猫にとって穀物類はアレルギーを引き起こしやすいとわかっているのに普通に原材料に含まれているキャットフードがあるんですよね。

私がこのことを知らなかったのなら与えていても仕方がないと言えるかもしれませんが、知ってしまった以上穀物類不使用のフードを選ぶのが飼い主の役目だと思いグレインフリーのフードを与えています。

原材料を厳選している

これは安全性についてと少し似た内容になってしまいますが。

カナガンキャットフードは使用する原材料にはものすごく気を使っていて、エサを食べる猫にとって栄養になる物しか使用しないようにしています。

カナガンキャットフードは香料や着色料などの人工添加物を使用していませんが、その理由は猫にとって何の栄養にもならないからですね。

このようにカナガンキャットフードは原材料を厳選し、エサを食べる猫にとって害がないように、しっかりと必要な栄養を摂取できるようにと考えられてつくられているんですね。

私は人口添加物が入っていると具体的にどう悪いのかは説明できませんが、ヒトが食べるものでも人口添加物が入っていると聞くとあまり食べる気にはなりませんよね?

自分が食べたくないと思う物をペットに食べさせるのはやはりおかしい話なので、私は人口添加物が入っているフードは絶対に選びません。

その他にも細かいことかもしれませんがカナガンキャットフードで気に入っている点があります。

この記事を読んでいるみなさんはフードの大きさや固さは意識して選んだことがありますか?

実はフードの固さや大きさというのはとても重要なポイントなんですよ。

フードの粒が大きい場合、小型の猫種の猫や、子猫等の身体が小さい猫にとっては結構食べにくいのでストレスになります。

それじゃあ小さいほうが良いのかというとそういう事でもないのが難しい所。

フードの粒が小さすぎると丸飲みしてしまうので、消化不良を起こして、下痢になったり吐いてしまう恐れがあるんですよ。

そこでカナガンキャットフードでは体の小さい猫でも食べやすい大きさかつ、身体の大きな猫でも丸飲みしない絶妙な大きさの粒になっています。

ここはたぶんかなり多きを研究したんじゃないでしょうか?

そしてやっぱり外せないのがグレインフリーにとことんこだわっているという所ですね。

今までの記事を読んでくれている方ならわかると思いますが、猫にとって穀物は本当に相性のわるい原材料です。

消化は苦手だし、アレルギーも引き起こしやすいし、それなのに多くのキャットフードは穀物を使用していますよね。

しかしカナガンキャットフードはそれらの事をしっかりと理解したうえで作られているので、穀物類は一切使用せずに作られています。

私個人としては穀物類を使えないので代わりにサツマイモを使用しているといった点が流石だなと感心してしましましたね。

といった感じでなぜ私がカナガンキャットフードを選んだかについて説明してきましたが。

結論はとても単純で、私が求めている事をカナガンキャットフードが全て兼ね備えていたという事です。

グレインフリーなのに人口添加物を使用している。

ヒューマングレードなのに穀物を使用している。

人工添加物は使用していないのに原材料がヒューマングレードではない。

こういったフードはいくつもあります。

しかしこれらのフードでは私は納得できなかったので、カナガンキャットフードを選んだという事ですね。

みなさんもこの機会にペットに与えるフードについて考えてみてはいかがでしょうか?